ギックリ腰の痛みその後!

こんにちはじゅんらく整骨院、ジュンスポ札幌整体院の保坂です。

患者様にトマトをもらったんですが、美味しかったです。
スーパーにあるのもより熟してて美味しかったです。
やっぱり新鮮が大事ですね。
僕も新鮮な状態でいれるように頑張ります(笑)

今日はギックリ腰や寝違え、捻挫でみられる
「痛みが楽になったがつっぱりが・・・」についてです。

ギックリ腰や寝違え、捻挫は急性症状で急に痛めたケガになります。
痛めて2~3日が炎症期間でその期間でいかに炎症を抑えることが出来るかで
治りが早くなるか遅くなるかが関係します。
痛みが増える要因
・運動などして血流がよくなる
・お酒を飲んで血流がよくなる
・無理をする
などありますが、2~3日が過ぎると急に楽になったことありませんか?
それは炎症時期が過ぎて組織が回復に向かうからです。
組織が治っていく過程で「瘢痕」と言って組織は固くなって修復していきます。
それが「つっぱり」の原因です。
ケガをして痛みがなくなったので治ったと思って治療に来なくなる患者様もいますが、
まだ治っていません。
「瘢痕」をほぐして以前の状態になってこそ「治癒」です。
「瘢痕」があると運動制限が出たり、筋肉の左右差が出ますので、
また痛めてしまうこともあります。

一年に一回ギックリ腰になる方は本当に治っていないかもしれません!
もう痛みが出ない身体を作りましょう(^^)/