鍼はいたくないよ!!


こんにちは。じゅんらく整骨院、ジュンスポ整体院の保坂です。

東洋療法学校協会の公式サイトで「東洋療法雑学事典」が更新されています。
「注射は痛いのに、鍼(はり)治療はなぜ痛くないの?」という疑問とそれに対する回答が掲載されています。
鍼灸治療を受けたことがない人にとっては、鍼はとても痛そうに感じます。
特に最近は芸能人のSNSやブログなど、インターネット上で、鍼灸治療の様子を撮影した写真がアップされていたりします。
ファンなど閲覧者の反応としても、「うわぁ痛そう」「大丈夫なのですか?」などといったコメントが寄せられます。
 
確かに、鍼・ハリと聞くと、非常に痛そうな印象がありますね。
痛い注射のイメージは誰しも持っていることでしょう。
しかし、注射の針の太さは、鍼灸治療で使用する鍼よりもずっと太いんですね。
数倍、あるいは10倍ぐらい違います。
ですので、鍼灸の鍼は、想像よりもずっと痛みを感じません。
さらには、鍼灸の鍼を刺す時には、刺し方や道具など、痛みを感じにくくする構造も備わっているんですね。
 
「東洋療法雑学事典」の中では、今回の質問の回答は次のように書かれています。
A:注射に用いられる針は、部位により様々な太さの針が使用されているが、輸血用の針では1.2㎜の太さの針が用いられています。一方、日本で行われている鍼(はり)治療用の鍼の太さは、0.16㎜~0.20㎜の太さが使用されています。従って、鍼(はり)の太さの違いが、鍼(はり)治療が痛くない理由の一つであります。
また、日本で行われる多くの鍼(はり)治療では、鍼管(しんかん)と呼ばれる特別な器具を用いる為、さらに痛みが生じにくい。
このように、そもそも太さが違うということ、そして、鍼を刺す時に「鍼管」という道具を使うため、痛みを感じにくくなるんですね。

また鍼は血管に打たないのであまり出血もしないです。
美容鍼でお顔に刺す時は内出血することはありますが、ほとんどないです。

新患の患者様でも「もう鍼打ったんですか?」と言われることも多いです。
それだけ「鍼」=「痛い」というのが一般の方の印象なんですね。
また痛みを感じるかどうかは施術者の技術もありますが、患者様自身が痛みに敏感かどうかでも影響します。
鍼灸に興味あるけど、鍼は怖い、金属アレルギーっていう方は当院ではお灸をやっていますので、ぜひ相談ください!!
そして体験してください(^^♪