長引く腰痛の新原因!!


こんにちは。じゅんらく整骨院、ジュンスポ整体院です。

先日「たけしの家庭の医学」で長引く腰痛、膝痛の引き起こす新原因とは?
とやっていまして興味があったのでビデオに撮ったので昨日見ました。
まず新原因を見分ける検査法が片足立ちで、足の上げた方の足とお尻が上がれば問題なし!
新原因がある場合は片足立ちで、足を上げた方のお尻が上がらないです!
その新原因は「股関節」が犯人でした。
股関節と臼蓋(受け皿)に隙間がなく足を上げた時に擦れてしまい足を上げることができないのです。
番組では40年来の腰痛がある一般の方が出てまして、腰を反らすとほんの少ししか出来なくて、
中腰で物を持ち上げると痛く、床から立ち上がる時痛く、掃除機をかける時の痛くと日常生活にかなり支障が出来てました。
改善のリハビリは「貧乏ゆすり」でした。
貧乏ゆすりの動きで股関節を動かす

関節液から栄養成分が流入

軟骨の成長を促されやがて再生する
という構図になります。
貧乏ゆすりのやり方は両足同時でも交互でもokで
1日2時間以上行うと効果的とありました。
その方は1週間後に効果が出まして反らすことができ、日常生活も楽になりました。

当院では慢性的な腰痛に関しては「トリガーポイント治療」で股関節周りの筋肉をほぐし、「内臓アプローチ」「鍼治療」で対応していますが、変化出ない患者様はあまりいないです。
慢性的になると腰以外に原因があることが多いです。ストレスも関与してきます!

病院行ったけど問題なくて痛みでお悩みの方お待ちしております。