肩関節痛、便秘、下痢、胃痛や食欲減退の共通点

こんにちは。じゅんらく整骨院、ジュンスポ整体院です。

昨日は月一回の「西田塾」で朝から夜まででした( `ー´)ノ
テーマはエネルギーでした。
皆さん人間の身体には電気が流れているのは知っていましたか??
携帯の電磁波を浴びたりすると狂ってしまい、身体に不調が出るのはそのせいです。
神秘的な話なのでうさんくさいって思いますが、ちゃんと理論があるんです。
分かりやすく言えば、東洋医学の経絡です。
気になる方は聞いてくださいね(*^-^*)

さて、肩関節痛、便秘、下痢、胃痛や食欲減退の共通点ですが、
テーマで送らさせて頂いてる東洋医学の陰陽五行説で
「脾」にあたります。
脾の働きは消化活動や出血の防止です。
◎脾の調子が悪くなると
〇胃腸の不調・・・
・食欲減退、下痢、便秘、腹部膨満、胃痛、疲労(手足のだるさ)
〇血液の不調・・・
・血便、血尿、月経過多、内出血しやすい
〇口唇
・口喝、荒れやすい

また「脾」の固摂作用が悪くなると、
胃下垂⇒肋骨下制⇒肩甲骨下制⇒肩関節外転痛
と脾の働きと肩は関係ないと思いますが、東洋医学の観点からみると関係してます。
脾が悪くなると色んなものが下がってしまうんです。
例えば、左骨盤が下がると左肩は上げづらくなりそれを繰り返すと左肩に痛みが出ます。
ブログを読んで当てはまる方、肩がなかなか改善しない方、
是非鍼治療を受けてみて下さい。
ご連絡お待ちしております。