こんにちは。保坂です!!

今来られている患者様が整形外科で腱板炎と診断を受けて薬とリハビリ(マッサージ)を受けて全然良くならなく来院されました。
肩の痛みですと肩だけに目がいきますが、当院では足の重心の位置、骨盤の高さも診て歪んでないか診ていきます。あと前腕部の筋肉が張り過ぎていないか、手首の動きはどうかなど評価していきます。

今回の患者様は左骨盤が上がっていて、肩の高さが違いました。骨盤矯正で骨盤の位置を治し、あと手首、前腕部がかなり凝っていて手首、肘、肩関節の矯正をしました。
噛み癖があり胸鎖乳突筋が物凄く張っていてこれが腕神経叢を圧迫していることでなっていると思い、鍼治療と顔周りのリンパ流しをした所、4回目でほぼ運動痛が無くなりました。

東洋医学でも肩はいろんな経絡が流れていますので、なかなか良くならない患者様は
全体的に評価して治療しませんか??

肩でお悩みの方お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です