こんにちは.保坂です!

「この差って何ですか?」という番組で頚が痛い人、痛くない人の違いをやっていました。

首を後ろに倒した時に痛い人は椎間関節が炎症を起こしてしまって
炎症が骨と骨とに挟まれてしまうことで痛みが出てしまっています。
その人の特徴は頚が前に出てしまっています。
改善方法はアゴ引き訓練がいいと言ってました。

首を前に倒した時に痛い人は背中の炎症が起こってしまっています。
改善方法は雑巾かけ体操で背中の筋肉を使ってあげることです。

首を横に回した時に痛い人は背骨周りの筋肉が凝り固まってしまっています。
改善方法はタオルを使って背中を真っ直ぐにして身体を捻ります。

これが必ずしも当てはまるとは思いませんが、「普段の姿勢」が大事ですね。
首、背中、腰を大きな筋肉が覆っていますので悪い姿勢ですと全体に影響しますので
鏡でたまに自分の姿勢をチェックしましょう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です