こんにちは!本間です。

寒くなりましたね・・・
季節の変わり目は体調を崩しやすいですので
風邪などひかないように十分に気をつけましょう!

今日は当院で行っているテーピング治療についてご紹介致します。
テーピングは主にスポーツの現場でよく使われる応急処置や予防の一つですが、
日常生活のケガや痛みに対しても有効です。
例えば、親指の腱鞘炎、五十肩、ぎっくり腰等々色々適応できます。

当院で主に使っているキネシオテーピングには下記の効果があります。
 ⓵ 筋肉の機能を正しく戻す
 ⓶ 血液・リンパ液の循環を良くする
 ⓷ 痛みを抑える
 ⓸ 関節のずれを正す
キネシオテーピングを貼ることで、皮膚が持ち上げられ循環が良くなり
回復力が促進されたり、筋肉の伸びを制限することで、痛みの緩和と
予防をはかったり怪我予防に使ったりします。

痛みを感じた時に、自然に手をあてがったことはないでしょうか?
これは、皮膚や筋肉を刺激することで、痛みを抑える効果があることが
わかっているためです。キネシオテーピングを貼ることによって、
人間にもともと備わる自然治癒力を発揮しやすい状況を作り、
この効果を活性化することが出来ます。

色々な症状に使えるテーピング治療ですが直接皮膚に貼るため、
皮膚の弱い方、かぶれやすい方など確認して提案させて頂きます。
アスリートのためだけではないテーピング治療を症状によって
他の治療と合わせて提案させて頂きます。
こんな症状には?などご質問がございましたら、いつでも聞いてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です